「そのままJPEG」(マグノリア)

オフィスファイルやPDF、テキスト、図面などのファイルを送りたいが…

 仕事やプライベートで、オフィス文書やPDF、テキストなどのファイル、図面や表、見取り図などのデータなどを電子メールなどで送りたいことがある。最近なら、Dropboxなどのクラウドストレージで相手と共有という場合もある。

 そんなときは、元ファイルを送ったり共有したりするが、相手がそれらを開けるアプリケーションを持っていない可能性もある。この場合、PDFなどに変換して送ることも考えられる。

 ただしいずれにしても、文書や表データなどのファイルを送るのは不安もある。ファイルを改ざんされたり、ファイルそのものやテキストを転用されたり、心配は尽きない。特に大事な内容の場合は、ストレスが溜まってしまう。このあたり、何とかならないものか。

何かと便利なJPEG画像

 そこで1つの方法として提案したいのが、書類を画像ファイルに変換して送ること。誰でもそのままクリックで表示できるJPEG画像だ(Windowsのデフォルト状態なら「Windowsフォトビューワー」で開く)。これなら汎用性もクリア、そして改ざんや転用の可能性も、まるっきりないとは言えないものの、画像に固定化している分リスクが小さくなる。しかも、JPEGそのものがファイル容量を圧縮するファイル形式なので、ファイルサイズが比較的コンパクトで済む。JPEGファイルならスマートフォンやタブレット端末でも問題なく読める。

 セキュリティの観点でいえば、Webページ作成時に、そのままコピー&ペーストしてもらいたくない文章を載せる場合などに、テキストに見せかけた画像で代用するということはよく行われる。この用途で、テキスト代わりのJPEGを作成するのも良いかもしれない。ほかにも、Webページでのアカウント登録やオンラインショッピング・ネットオークションの売買成立時のページなどを画像で取っておく、といった記録用途にも使えそうだ。

 これを実現するのが、今回紹介する「そのままJPEG」というソフト。以前は有料で販売されていたものだが、今はサポートなし、スポンサーソフト同梱(インストール時にオフにできる)という条件で、無料提供されている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら