新バージョンが登場した、マイクロソフトのグループウエアサービス「Office 365」。今回は、その中心となるOfficeアプリ「Office 365 ProPlus」について詳しく見ていこう。これは、先日発売されたパッケージ版のOffice 2013と機能的には同じだが、期間単位で課金するサブスクリプションライセンスでの提供となる。

クラウド対応の新Office

 新Office ProPlusの最大のポイントは、クラウドへの対応だ。

 Office ProPlusで作成した文書は、クラウド上に保存するのが基本となる。Office 365では、保存先に、個人用フォルダーの「SkyDrive Pro」と、グループのメンバーで共有するフォルダーの「チームサイト」を利用できる。Officeアプリの「開く」「保存」する画面から、これらのフォルダーへアクセスできる(図1)。クラウド上に文書を保存するため、いつでもどこでも、同じ文書の編集ができるようになる。

文書はクラウド上に保存
図1 Office365で利用可能なOfficeアプリでは、基本的にクラウド上に文書を保管する。個人用フォルダーの「スカイドライブプロ」と、グループで共有するフォルダーの「チームサイト」がある。
[画像のクリックで拡大表示]

 もちろん、オフラインでの作業も可能だ。クラウド上のフォルダーと同期するフォルダーを、ローカル上に作成できる。オフラインの時は、このフォルダーにある文書を編集する。後でオンラインになったときに、フォルダーの内容が自動的に同期され、クラウド上の文書が更新される仕組みだ(図2)。

ローカルフォルダーとの同期も
図2 クラウド上のフォルダーとローカルのフォルダーを同期させることもできる。このため、オフライン時でも文書編集が可能。オフライン時はローカルの文書を編集し、オンラインになると自動的にクラウド上のデータと同期される。
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウド上の文書は、安全対策も施されている。例えば文書をバージョンごとに保存することができ、誤って上書きした場合でも以前のバージョンにすぐ戻せる(図3)。削除したファイルは、「ごみ箱」に一定期間保存される。期間内なら復元も可能だ。バックアップはユーザーが実施するのが基本だが、マクロソフトもサーバー上のデータをバックアップしてくれる。このため、万一の際にも安心感がある。

以前のバージョンに戻せる
図3 保存した文書は、バージョン管理が可能。誤って上書きしてしまった場合でも、以前のバージョンに簡単に戻せる。
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか、文書の共同編集も可能。例えば、Wordで同時に複数ユーザーが編集すると、誰が編集中なのか名前を表示できたり、互いにコメントをやり取りするといったことができる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら