「Office 365」は、マイクロソフトのビジネス向けクラウド型グループウエアサービスだ。電子メール、スケジュール管理、オンラインストレージといったビジネスに必須のサービスに加え、WordやExcelといったOfficeアプリをまとめて利用できる(図1)。その最新版が間もなく登場する。

図1 クラウドベースのグループワーク環境を提供するOffice 365
Office 365は、電子メール、共有カレンダー、オンラインストレージ、チャットや電子会議、そしてWordやExcelといった Officeアプリを統合したクラウドサービスだ。サービスはマイクロソフトが用意するクラウド上のサーバーから提供される
[画像のクリックで拡大表示]

どこでも作業、バックアップ要らず

 メリットの一つは、データがクラウド上にあること。これにより、社内であろうと出先であろうと、同じ環境で仕事ができる(図2)。例えば、社外でスマートフォンから送信したメールは、社内パソコンと同期される。社内に戻ってから「あれはどこに行った?」とはならないわけだ。

図2 クラウドベースで作業の効率化を実現
Office 365を利用することで、仕事の効率アップを実現できる。クラウドベースのOfficeアプリとオンライン ストレージの活用で、いつでもどこでも同じ環境で仕事ができ、他ユーザーとの共同作業も容易になる
[画像のクリックで拡大表示]

 また、共同作業が円滑になるというメリットもある。 文書、メール、スケジュールなどを、複数ユーザーが共通で利用できるので、情報の共有や、文書の共同編集な ども簡単に行える。しかも、各サービスはマイクロソフトが運用するサーバーから提供される。データのバックアップやパッチの適用といった面倒な作業は基本的には必要ない。こうした作業は、すべてマイクロソフトが実施してくれる。サーバー保守という呪縛から解放されるのだ。

常に最新のOfficeを使える

 もう一つのメリットは、新しい Office 365 では、Officeアプリもクラウド化されたこと(図3)。フル機能を搭載した Officeアプリが、ネット経由で配信される仕組みだ。Officeアプリと各種のサービスは互いに連携しており、クラウドならではの便利な作業環境を構築できる。

図3 新Office アプリもクラウド経由で提供
Office 365で利用できるOfficeアプリ「Office 365 ProPlus」は、ネット経 由でサーバーから配信される。パソコンにインストールする「クイック実行」と、 そのつど配信されて利用できる「Officeオンデマンド」の2形態がある。このほか、機能は制限されるがWebブラウザーベースで利用できる「Office Web Apps」もあり、ユーザーの環境に合わせた運用が可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 Office アプリで作成した文書は、基本的にクラウド上のサーバーに保管する。アプリの設定などの個人環境もサーバーに保管できるので、いつでもど こでも、すぐにフル機能の Officeアプリを使って仕事の続きができる。サーバーの文書は履歴管理なども可能で、誤って上書きした文書を一つ前のバージョンに戻せるなど、安全面でもメリットがある。

 Officeアプリは常に最新版にアップデートされる。このため、アプリのバー ジョン管理も容易になる。出先のパソコンで、いっさい痕跡を残さず、フル機 能の Office アプリを利用するといったことも可能だ。なおWebブラウザーで利用できる「Office Web Apps」も提供されるので、タブレットやスマートフォンなどでも文書を利用できる。

 Office 365はユーザー単位で課金される。例えば小規模向けで Officeアプリを利用できる「P2」プランの予想価格は、1ユーザー当たり1000円程度/月と、導入ハードルは低い。この料金で、いつでもどこでも作業ができて、最新 Officeアプリが使えて、バ ックアップなどの運用業務を任せられ るというメリットを受けられる。

本記事はプレビュー版を使って執筆しています。
Cloud Days Tokyo 2013内 企画展
<中小企業向けセミナー開催>

中小企業IT経営フォーラム
グローバル時代における成長企業の成功法則~事例に学ぶ経営とIT~

場所:ホテルニューオータニ (東京・紀尾井町) 日経BP社 Cloud Days Tokyo 2013
日時:2013年2月27日(水)~28日(木)11:10~17:10

詳細はこちら>>http://expo.nikkeibp.co.jp/cloud/2013spring/smb/