手持ちのパソコンやタブレットなど、さまざまな機器で録画番組を見たい──。そんな希望がかなえられるのが「nasne(ナスネ)」だ(図1)。500ギガバイトのNASに地上/BS/110度CSデジタルチューナーを搭載する。画像ファイルなどの保存・閲覧以外に、レコーダー機能もパソコンやタブレット、スマートフォンからネット経由で利用できるマルチな製品だ(図2)。

【パソコンやタブレット、スマホから利用可能】
図1 地デジ/BS/110度CSチューナーを内蔵し、番組録画ができる500ギガのNAS。基本的にNASなので、通常のデータ保存も可能。視聴や録画予約などのすべての操作をネットワーク経由で行うのが特徴
[画像のクリックで拡大表示]

図2 パソコンやタブレット、スマートフォンからWi-Fiなどネットワークを経由して利用できる。録画した番組を視聴するには、DTCP-IP対応のDLNAプレーヤーソフトを導入する
[画像のクリックで拡大表示]

 ナスネを快適に利用できるのはソニー製品だが、最近はナスネのレコーダー機能を利用できるソフトも機能アップしており、使える機器が増えている(図3)。

【利用するために必要なソフト、サービス】
図3 ナスネを利用するために必要なサービス、ソフトを機種ごとに示した。番組予約にはソネットエンタテインメントの録画予約サービス「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」、パソコンやタブレットなどにはそれぞれに対応するDTCP-IP対応視聴ソフトを導入する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら