「窓フォト」(ワンタッチソフト)

「PrintScreen」キーを使わずに、簡単に画面キャプチャーできれば…

 先日、この記事で、画面キャプチャーは何かと記録に便利だから活用しようと書いた。その中で、Windowsパソコンの画面キャプチャーは、キーボードの「PrintScreen」キーでお手軽に撮れるものの、キーを押しただけではクリップボードに画像が入るだけなので、グラフィックソフトなどに貼り付けて保存する作業が必要とも述べた。これだと手がかかって、なかなか「気軽にメモ」というわけにはいかない。

 そこで便利なオンラインソフトの出番である。筆者が愛用しているキャプチャーソフトは、その後シェアウエアに移行してしまい、無料で使用できなくなってしまったゆえ、代わりになるソフトが欲しいなぁ、と思っていたところ。そんな折に、ベクターのランキングから、今回紹介する「窓フォト」を見つけた、というわけ。キャプチャーしたい範囲を枠で囲うという直感的な方式がユニーク。その上、かゆいところに手が届く多機能さ。独自のインタフェースに慣れれば、操作はそれほど難しくない。

 「窓フォト」の説明にはこうある。

「キャプチャしたい範囲を窓フォトのウインドウで囲う」という視覚的な範囲指定によって、画面を簡単かつきれいにキャプチャするソフトウェアです。
範囲指定キャプチャ以外にも、デスクトップ全体のキャプチャや連続キャプチャなどがあります。
そのほか、マウスカーソルの同時キャプチャや、キャプチャ画像のクリップボードへのコピー、キャプチャ画像の編集や加工、アクティブウインドウの自動捕捉など、キャプチャに欠かせない様々な機能が搭載されています。

 説明を見ただけでも、なかなか快適そうなのが分かる。そんな感じで、「PrintScreen」キーを使うよりもさらに便利で簡単に画面キャプチャーが撮れる「窓フォト」をダウンロード/インストールして使ってみよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら