前回までの2回では、アプリ版のInternet Explorer 10とメールについて説明しました。いずれもWindows 8に最初から用意されているWindows 8アプリです。今回は、Windows 8に標準搭載されているその他の主なアプリを紹介します。IE10とメールの2つは少々注意が必要でしたが、今回取り上げるアプリは、いずれもシンプルで直感的に操作できるものばかりです。Windows 8に触れる機会があったら、ぜひ試してみてください。なお、Windows 8アプリは、常に更新が行われているため、原稿執筆時点とは画面・機能が変化している場合がありますので、ご注意ください。

カレンダー~Googleカレンダーも表示できる便利なツール

 「カレンダー」は、HotmailやOutlook.com、Office 365やGoogleカレンダーなどの予定を表示・登録するアプリです。例えば、Outlook.comのメールアドレスとパスワードをMicrosoftアカウントとして登録し、Windows 8にサインインしている場合は、Outlook.comの予定がカレンダーに表示されます。

 カレンダーには、複数のアカウントを追加することもできます。例えば、Googleアカウントを追加するなら、次のように操作します。

チャームバーで「設定」をクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]

「アカウント」をクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]

「アカウントの追加」をクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]

「Google」をクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]

Googleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力して「接続」ボタンをクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]

Googleカレンダーの予定も合わせて表示されるようになる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら