Windows 8のスタート画面には、「メール」と書かれたタイルが用意されています。これをクリック(タップ)すれば、これまでと同様にメールが利用できるのだと思うでしょう。例えば、あなたが@niftyのメールを使っていたとしたら、「メール」で@niftyのメールを送受信できると思うはずです(普通はそうです)。しかし、ことはそれほど単純ではありません。今回は、Windows 8のメール環境について詳しく説明します。混乱しないためにも、メールを使い始める前に、軽く目を通してみてください。

使い始める前に知っておきたいこと

 Windows 8のスタート画面には「メール」と書かれたタイルがあります。クリック(タップ)するとWindows 8アプリ版のメール(以下、アプリ版メール)が起動し、メールを送受信できます。

 Windows 8にMicrosoftアカウントでサインインしているなら、Microsoftアカウントのメールアドレスに届いているメールが表示されます。さらに、アプリ版メールには、次のアカウントを追加することができます。

  • Outlook.comなどのマイクロソフトが提供するWebメールのアカウント(hotmail.com/hotmail.co.jp/outlook.com/live.jp/live.com/msn.comなどのドメインを含むメールアドレスのアカウント)
  • Gmailのアカウント
  • Exchangeサーバのアカウント(企業のExchangeアカウントやOffice 365のアカウント)
  • IMAP4対応メールのアカウント

 注意したいのは、アプリ版メールは、OutlookやOutlook Express、Windows Liveメールに代わるものではないということです。

スタート画面の「メール」。
[画像のクリックで拡大表示]

「メール」を起動すると、Microsoftアカウントのメールアドレスに届いているメールが一覧表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 端的に書けば、アプリ版メールは、Outlook.comやGmailなどのWebメール、およびマイクロソフトのメールサーバソフトであるExchangeを利用するためのアプリです。従来のメールソフトで受信していた一般プロバイダのメールは受信できません。

 例えば、筆者は@niftyのメールアカウントを持っていますが、Windows8版メールで@niftyのメールを送受信することはできません()。@niftyのメールを利用するなら、デスクトップにWindows Live メールやThunderbirdなどのメールソフトをインストールし、@niftyのメールアカウントを登録して利用する必要があります。

 正確に書くと、アプリ版メールでは@niftyなどのプロバイダーのメールを"直接"受信することはできません。Outlook.comやGmailなどのWebメールの設定画面でプロバイダーのメールを受信する設定にしておけば、間接的に受信することは可能です。具体的な手順は、本記事の後半で説明します。なお、技術的にいえば、アプリ版メールは、Exchange ServerとIMAP4に対応し、POP3には未対応です。POP3というのは、@niftyやBIGLOBEなど、一般的なプロバイダーが対応しているメール受信プロトコルのことです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら