スタート画面の一部になったデスクトップ

 これまで、Windowsを起動すると最初に目に飛び込んでくるのは「デスクトップ」でした。しかし、Windows 8は異なります。最初に表示されるのは、次のようなスタート画面です。

Windows 8のスタート画面。
[画像のクリックで拡大表示]

 では、デスクトップはどこにいったのかというと、スタート画面の中に含まれています。スタート画面の左下をよく見ると、「デスクトップ」と書かれたタイルがあります(スタート画面の1枚1枚の四角形のことを「タイル」と呼びます)。これをクリックすると、デスクトップが表示されます(タッチ操作の場合はタイルに指で軽くタッチします。この操作を「タップ」と呼びます)。

スタート画面にある「デスクトップ」と書かれたタイルをクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]

 デスクトップの使い方は、これまでとあまり変わっていません。エクスプローラーやメモ帳などのアクセサリー類の使い方も同じです。ただし、注意しなければならないことがあります。それは、「スタート」ボタンがなくなったということです。

 Windows 95からWindows 7まで、これまでのWindowsにずっと存在した「スタート」ボタンは、Windows 8で姿を消しました。当然「スタート」メニューもありません。

 では、どうやってプログラムを起動するの? どうやってWindowsを終了するの? と疑問が出てくると思います。詳しくは、本連載で詳しく説明していきますが、今回はまず、Windows 8におけるプログラムについて説明したいと思います。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら