ワンクリックで地図を開けるハイパーリンク

 住所やスポット名などから地図を探せる地図検索はネットサービスの花形。なかでも「グーグルマップ」は多機能で使いやすく、仕事やプライベートで重宝している人も多いだろう。このグーグルマップ、実はExcelと連携させられるのをご存じだろうか。セルに入っている住所やスポット名などでグーグルマップを検索し、一発で地図を開くワザがある(図1)。

 このワザが重宝するのは店舗一覧や訪問先リストなど、住所が入っている表だ。住所の横に例えば「地図を開く」といったリンクを設けておく。クリックするとウェブブラウザーでグーグルマップが開き、当該住所の地図が現れるといった具合だ。Excelで住所をコピーしてグーグルマップの検索窓に貼り付けて……などという手間は一切不要。文字通りワンクリックだ。

図1 住所録に「地図を開く」というリンクを設けよう。クリックするとウェブブラウザーが起動して、左隣の住所をグーグルマップで自動検索する。目的の住所を検索するURLを数式によって生成し、HYPERLINK(ハイパーリンク)関数のリンク先として指定する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら