「PDForsell(フォルセル)」(ヨモギソフトウェア)

ペーパーレスに最適なPDF、スマホでも大いに活用したい

 最近ではさまざまな資料や書類がPDFファイルで配布されることが多い。ほぼどんなPCでも、どんなモバイル機器でも、PDFリーダーがありさえすれば開くことができるので、非常に重宝する。近年は、機器やソフトのマニュアルなどもPDFで配布され、冊子は付属しないことも多い。PDFを利用すれば、ペーパーレスで資源の節約につながるのはもちろん、簡単にアップデート版を配布できたり、内部をテキスト検索できたり、メールなどで送ったりなど、利点は数え切れない。というわけで、ITの世界でPDFは欠かせない存在になっている。

 まあ、最近ではスマホでも開ける、ということで、仕事の書類やもろもろの書類をPDFにして、スマホにコピーするなり、オンラインストレージに放り込むなりして、いつでもどこでもスマホで閲覧、みたいな流れもできている。ペラの書類はもちろん、書籍や冊子丸ごとをPDFにするケースも多々。電子書籍にPDF形式を採用する出版社も多いし、はたまた自分のお気に入りの書籍をスキャンしてPDF化し、スマホやタブレットで読む、いわゆる「自炊」をフツウに行う個人もいる。

図1 オンラインストレージサービス「Dropbox」に放り込んだPDFをiPhoneで閲覧。空いた時間などに読むことができて、かなり重宝
[画像のクリックで拡大表示]

 ところで、PDFをメールなどで送るときや、スマホに転送して閲覧したいとき、コピーや抽出が可能なプロパティを持つPDFファイル、という条件付きではあるが、かなりのページ数に及ぶPDFをそのまま送ったりコピーして閲覧したりするのは、容量も大きく、閲覧時の動作の重さもあり、なかなか大変。必要な部分だけ抜き出して、新たなPDFファイルとして保存できれば、と思う。そうすれば容量も少なくて行き来がラクだったり、必要な部分だけなので、分かりやすかったり見やすかったり。

 逆に、違うファイルとして作られたバラバラなPDFを、ひとつのファイルにまとめたい、という場合もある。そのほうがファイル管理がラク、というケースも多いからだ。例えば年次の違う同種の書類をひとつのファイルにまとめておくことができたら、保存するときも効率的であろう、みたいな。

 というわけで、PDFファイル(当然ながら、プロパティで「内容のコピー」や「ページの抽出」などが許可されているファイルに限る)を結合・分割できるソフト「PDForsell」を紹介しよう。プレビュー画面で内容を確認しながら作業できるので分かりやすいし、操作もシンプル。説明にはこうある。

PDForsellはフリーのライブラリを使うことでPDFファイルの編集およびプレビューを実現しています。PDForsellを使えば2つのPDFファイルを結合したり、1つのファイルを2つに分割したり、あるページだけを回転したりすることができます。また、PDFファイルにパスワードかけたり解除したりすることもできます。

 そんな感じで、主にPDFファイルの結合・分割に特化したこのソフト、アイディア次第で使い道はたくさんありそう。特にスマホでPDFを楽しむときに、一部を抜き出せたり、複数の書類をドッキングしたりできるのは、かなり重宝しそう。

 というわけで、PDFを結合・分割できる「PDForsell」を、ダウンロード/インストールして使ってみよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら