仕事で扱うファイルといえば、Word、Excel、PowerPointなど、Microsoft Officeの文書ファイルが多い。これらのファイルをオンラインストレージに保存することで、どこからでも見られるようにするという使い方もある。しかし、必ずしも出先のパソコンにOfficeソフトが入っているとは限らない。そんな場面で活用したいのが、Officeファイルの閲覧・編集機能を備えた、「Office 互換型」のオンラインストレージだ。

 このタイプの代表格は米マイクロソフトの「SkyDrive」。組み込まれている「Office Web Apps」の機能により、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteのファイルをWeb ブラウザー上で閲覧・編集できる(図1)。個別には「Word Web App」「Excel Web App」といった名前だ。

 マイクロソフトが提供するサービスということもあり、Office 2010との互換性は高い。ファイルを表示したときに、レイアウトなどがほとんど崩れないのが類似サービスと比較したときのメリットだ。パソコンに入れたOffice 2010との連携機能もあり、WordやExcel の「ファイル」タブでは、保存先としてSkyDriveを直接指定することなどができる(図2)。

●Office文書の保存に便利なSkyDrive
図1 米マイクロソフトのオンラインストレージ「SkyDrive」には、「Office Web Apps」の機能がある。SkyDriveに保存したOffice文書をWebブラウザー上で閲覧し、オンラインのまま簡単な編集もできる
[画像のクリックで拡大表示]

図2 例えば、パソコンにOfficeがインストールされていれば、Excel Web Appの「Excelで開く」メニューで、即座にExcelを起動できる(左)。Word 2010やExcel 2010で編集したファイルをSkyDriveに保存するには、「ファイル」タブの「保存と送信」→「Webに保存」を選べばよい(右)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら