たいていのオンラインストレージは、スマートフォン用のアプリも無料で提供している。例えば、Yahoo!ボックスアプリのiPhone用では、ファイルのアップロード、閲覧、公開URLの発行、共有フォルダーの設定などができる。外出先でもオンラインストレージ内のファイルが閲覧できるのは便利だ。

 しかし、スマートフォンゆえの制約もある(図A)。ビューワー機能がパソコンに比べると弱いのだ。PDFや画像のファイルは正しく表示されるが、WordやExcelのファイルは、レイアウトが崩れることが多い。また、たいていはファイルの編集もできない。iPhoneの場合は、アップロードできるのが「写真」として保存された画像などに限られるなどの使いづらさもある。

【Office文書の表示には難あり】
図A スマートフォン用のアプリで保存されたファイルを選ぶと、その場でダウンロードしてスマートフォン上で表示・再生できる。ただし、WordやExcelのファイルはレイアウトが崩れることがある。特にiPhoneはアップロードできるファイルの種類が少ない。Androidの場合は、SDメモリーカードに保存したファイルもアップロード可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

スマホとの一体化が進む

 2011年10月に米アップルが始めた「iCloud」のように、スマートフォンやパソコンとの一体化を推し進めたサービスもある(図B)。iCloudでは、メール、アドレス帳、カレンダーなどのデータを全てオンラインストレージ上に置き、それをスマートフォンやパソコンで閲覧できる。

 例えば、iPhoneのカメラで撮影した写真が自動的にiCloudにアップロードされ、iPadの「写真」やパソコンの「マイピクチャ」フォルダーから見られるようになる。同じような連携は、米マイクロソフトもSkyDriveとWindows Phoneの間で進めており、今後のトレンドになりそうだ。

【スマートフォンとパソコンを一体化する「iCloud」】
図B iCloudは、2011年10月にアップルが始めたオンラインストレージサービス。製品ユーザーは無料で5GBまで利用可能だ。iCloud上に写真のほかアドレス帳、カレンダー、メールなどのデータを保存し、パソコンやiPhone、iPadでそれぞれのアプリから参照する
[画像のクリックで拡大表示]

出典:日経パソコン 2012年1月23日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。