ASUSTeK Computerの次期主力マザーボード「P8Z77-V」シリーズの概要が明らかになった。Intel製CPU向けの製品でソケットはLGA1155。次世代チップセット「Intel Z77」を搭載している。最上位の「P8Z77-V DELUXE」とその下の「P8Z77-V PRO」について、写真とBIOS設定画面を中心に紹介する。

 現在判明しているASUSの次期製品のラインアップのうち、Intel Z77を搭載するスタンダードモデルは5製品ある。上位からP8Z77-V DELUXE、P8Z77-V PRO、P8Z77-V、P8Z77-V LE、P8Z77-M PROだ。P8Z77-M PROのみmicroATXモデルでその他はATXモデルとなっている。P8Z77-V DELUXEは、IEEE 802.11nとBluetooth 4.0の両方に対応した無線モジュールが付属する。Marvell Technology Group製コントローラーチップによる、SSDをHDDのキャッシュとして使う「SSD Caching」にも対応する。

 P8Z77-V PROはその下のモデルで、Bluetooth 4.0やSSD Cachingに対応しない。P8Z77-Vは同PROとよく似た構成だが、細部が異なる。P8Z77-V LEは廉価版。ファン制御機能が、この新シリーズで改良された「Fan Xpart 2」ではなく従来の「Fax Xpart+」のまま。無線機能も無い。P8Z77-M PROも廉価版と同じく、機能を抑えたモデルだ。

 ASUSが新シリーズの大きなセールスポイントとしているのが、改良した電源回路「SMART DIGI+ POWER CONTROL」。従来の「P8Z68-V PRO/GEN3」では、「DIGI+VRM」によりCPU用に12フェーズ、内蔵グラフィックス用に4フェーズ用意し、メモリーの2フェーズはアナログ制御だったが、SMART DIGI+ではメモリーの2フェーズもデジタル制御にした。「CPUと内蔵グラフィックス機能、メモリーへの電力供給を全てデジタルで制御することで、正確な供給ができてシステムの全体的な安定性が高くなる」(ASUS)という。

 この他、ASUSがアピールしている新機能に「Wi-Fi GO!」がある。これは、PCとスマートフォンやタブレット機器の連携を想定した機能。PCを家庭内ネットワークでデジタルコンテンツを共有する「DLNA(Digital Living Network Alliance)」のサーバーにする、携帯機器をPCの入力機器として使う、携帯機器にPCの画面を映して使う(リモートデスクトップ)などの機能をまとめたものだ。

 ここで掲載した写真は、量産出荷前のもの。製品の正式発表や発売の時点では外観や仕様が異なる可能性がある。

P8Z77シリーズの最上位モデル、P8Z77-V DELUXE。LGA1155ソケットのATXマザーボードだ。ヒートシンクは、矩形(くけい)波をモチーフにしたかのようなデザインになっている。
[画像のクリックで拡大表示]

メモリースロットは4本。オーバークロックによりDDR3-2600まで対応する。拡張スロットはPCI Express x16形状が3本、x1が4本。PCIスロットは無い。CrossFireXやSLIが利用できる。
[画像のクリックで拡大表示]

P8Z77-V DELUXEのI/Oパネル。USB 3.0ポートが多い。赤い端子はeSATAだ。映像出力はHDMIとDisplayPortのみでDVIやアナログRGBは無い。LANはGigabit Ethernetが2系統。アナログ音声入出力端子と光デジタル音声出力端子を備える。BIOSと書かれたボタンは「USB BIOS Flashback」機能用。BIOSイメージを保存してあるUSBメモリーを挿し込んで、ボタンを押すとBIOSを更新できる。その際、CPUやメモリー、グラフィックスボードは不要で、電源ユニットだけを接続しておけばよい。ASUS製マザーボードでは以前からある機能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

電源変換回路にはヒートシンクがあるが、それほど背は高くない。P8Z77-V DELUXEはCPU用が16フェーズ、内蔵グラフィックス用が4フェーズ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら