写真や動画など大切なデータは増える一方だが、外付けHDDに保存しても、接続中のパソコンからしか閲覧できない。複数のパソコンでファイルを共有するなら、LAN接続型HDD(NAS)を活用しよう(図1)。自宅の無線LANルーターに接続すれば、同じネットワーク内のパソコンはもちろん、外出先のパソコンやスマートフォンからもインターネット経由でアクセスできる(図2)。

図1 LAN端子とUSB端子を備えたLAN接続型HDD。自宅のLANに接続すれば、同一ネットワーク内はもちろん、外出先からもアクセスできる
[画像のクリックで拡大表示]

●LANに接続すればさまざまな端末で見られる
図2 本機を無線LANルーターに接続すれば、家庭内のパソコンはもちろん、外出先のスマートフォンからもアクセスできる
[画像のクリックで拡大表示]

 おすすめはアイ・オー・データ機器の「HDL-CE1.0」だ。設定は、パソコンと本機をUSBケーブルで接続してから、LANケーブルで無線LANルーターに接続すれば完了だ。デスクトップ上に現れたアイコンをダブルクリックすれば、NAS内に保存したファイルにアクセスできる(図3)。専用の無料アプリを使うと、スマートフォンやiPadからも閲覧可能だ(図4)。

図3 共有したい複数のパソコンそれぞれに付属ソフトを組み込むとデスクトップにアイコンが現れる。これをダブルクリックしてアクセスする[注1]
[画像のクリックで拡大表示]

図4 スマートフォンの場合は、無料の専用アプリのインストールが必要。パソコンで設定したIDとパスワードを入力すると、パソコンと同様に写真や音楽を共有できる[注2]
[画像のクリックで拡大表示]

[注1] 外出先からアクセスする場合は「リモートリンク2」という機能を使う
[注2] 図4は「GALAXY S」を使用した例

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら