スマートフォンの醍醐味は、アプリを追加することで、いろいろと活用方法を広げられることです。動画ストリーミングのアプリを導入して動画を楽しんだり、画像加工アプリを導入して写真の編集を楽しむなど、アプリを追加することで、初期状態で搭載されていない機能を利用できるようになります。

 また、ヘビーユーザーであれば、より使いやすいアプリを選択するということも可能になります。例えば、Twitterを利用するシーンを想定してみましょう。ほとんどのスマートフォンにTwitterアプリは内蔵されています。一方で、Twitterアプリは多くの種類がリリースされています。リツィートのしやすいアプリや複数アカウントの使い分けやすいアプリなど、自分の利用シーンに合わせてアプリを選択することができます。

 Windows Phoneでのアプリの導入は、非常に簡単になっています。マイクロソフトの提供するアプリ配信サービス「Marketplace」からダウンロード、インストールします。

図1 Windows Phoneの「Marketplace」
[画像のクリックで拡大表示]

 MarketplaceはWindows Phoneとパソコンから利用することが可能です(パソコンからの利用方法は後述)。まずはWindows Phoneでの利用方法を見ていきましょう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら