2011年3月に発売されて以来、ロングセラーを続けているNTTドコモのAndroidスマートフォン「MEDIAS N-04C」。それを防水仕様にしたのが、今回レビューする「MEDIAS WP N-06C」だ。

 すでに知っている人が多いと思うが、NECカシオは、そもそもは今夏からスマートフォン市場に参入する計画だった。しかし、スマートフォンの普及が予想以上に早い状況を鑑み、計画を前倒しにし、防水対応を見送って開発・発売したのがN-04C。第2弾として今夏登場したN-06Cが、NECカシオが本来考えていた“勝負モデル”と捉えることもできる。

 N-06Cは、ただ単にN-04Cに防水機能をプラスするだけでなく、パフォーマンスの向上も計られている。N-04CはAndroid 2.2を搭載し、購入後に2.3にアップデートできる端末として発売されたが、N-06Cは最初から2.3を搭載し、CPUも前機は800MHzだったが1GHzにアップ。N-04Cでも動作が遅く感じることはなかったが、スペックの向上に「激しく使い倒しても大丈夫」という安心感は高まったのではないかと思う。

 スマートフォンの動作は、使い始めのうちは安定しても、アプリをたくさん入れてメモリーを酷使することが多くなるとガクンと落ちてくることがある。筆者は、MEDIASに触れて1週間程度だが、今のところは動作に不満を感じることはない。

 ただし、タッチレスポンスには若干タイムラグを感じることはあった。フリックしたつもりがすぐに反応してくれなかったり、Webページをスクロールしているときにリンク先をタップしたと認識されたり、ということはときどき起こる。筆者だけでなく、N-06Cを購入した友人も同様のことを言っていたので、タッチレスポンスにはまだ改良の余地はあるかもしれない。筆者は仕事柄、発売されるスマートフォンはほぼ全機種に触れているが、N-06Cのタッチレスポンスは「平均的」という印象。しばらく使っているうちにはタップのコツに慣れて、気にならなくなるだろう。

4型のディスプレイを搭載した薄型でフラットなスマートフォン
[画像のクリックで拡大表示]

背面もすっきりとした印象。ワンセグアンテナも目立たないように格納できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら