OCZ Technologyは2011年5月、Serial ATA 6Gbps対応のSSD「Solid 3」「Agility 3」を発表した。いずれもSandForce製のコントローラーを搭載しており、読み書き速度が500MB/秒を超える点を売りの一つにしている。日経WinPC編集部はSolid 3とAgility 3の製品版を入手。読み書き性能を検証した。

 Solid 3は下位製品で60GBモデルと120GBモデルがある。Serial ATA 6Gbpsで接続したときの、最大速度の公称値は読み出しが500MB/秒、書き込みが450MB/秒。4KBランダム読み出しは60GBモデルが40MB/秒、120GBモデルが75MB/秒。書き込みは両方とも75MB/秒だ。

 Agility 3はSolid 3の上位製品で、60G/120G/240GBの3モデルある。最大読み出し速度が525MB/秒、書き込みは60GBモデルが475MB/秒、120GBと240GBは500MB/秒。Solid 3とあまり変わらないが、4KBデータのランダムアクセス性能が高い。読み出しは60GBモデルが40MB/秒、120GBモデルが75MB/秒、240GBモデルが135MB/秒。書き込みは195MB/秒、195MB/秒、175MB/秒だ。

OCZ Technologyの「Solid 3」。Serial ATA 6Gbpsに対応したMLCタイプのSSDで、OCZは比較的安い価格帯の製品と位置付けている。
[画像のクリックで拡大表示]

Soild 3の基板。コントローラーはSandForceの「SF-2281」。
[画像のクリックで拡大表示]

「Agility 3」はSolid 3の上位モデル。Solid 3に比べてランダム読み書き性能が高い。
[画像のクリックで拡大表示]

Agility 3の基板はSolid 3とほとんど同じだ。
[画像のクリックで拡大表示]

Serial ATA 6Gbps対応SSDの上位モデル「Vertex 3」。今回は比較のため120GBモデルをテストした。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら