「WinToFlash」(Novicorp)

ドライブのないノートPCのWindowsインストールは…

 持ち運びに便利なコンパクトタイプ(B5サイズ以下ぐらいか)のノートパソコンというのは、たいていスペースの加減か、CD/DVDドライブが省略されている。なくて困ることも多いが、持ち運びを考えるとやはり「CD/DVDドライブなしモデル」を選択せざるを得ない筆者なのであった。

 そういった「CD/DVDドライブなしタイプ」のノートで特に困るのがOSのインストール。全部をまっさらにしたいときの再インストール、調子が悪いときの修復インストール、次のWindowsへのアップデートとか。まあ、それほど頻繁ではないから、「外付けドライブを付けたらいいじゃん」と言われるのがオチではあれど、手持ちの外付けドライブがわりと古めのものしかなかったり、持ってくるのが面倒だったり、外付けを置くスペースがなかったりで、ついついおっくうになってしまう。

 ならばUSBメモリーも最近は大容量のものもあるし、初めは目が飛び出るような値段だった大容量ディスクも今はとっても安くなってきているので、これをOSの再インストールとかに使えたらたらいいだろうなぁ、と。

 つまり、CD/DVDドライブが付いたデスクトップ機で、WindowsのインストールCD/DVDを使って、「Windowsインストール用USBメモリー」を作れるソフトがあれば、みたいな。そうすればノートへの再インストールとか修復とか気軽にできて、うれしいなぁ…と。

 で、今回紹介するのが、そんな思いで見つけたソフト「WinToFlash」だ。英語ソフトだが、使い方はシンプルなので問題はないだろう。

 とりあえず、そうやって自分のコンパクトノートに合ったWindowsの入った「インストール用USBメモリー」を作っておけば、何かと便利だろうってわけで。

 では、この「WinToFlash」をダウンロード&インスト-ルして使ってみよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら