無線LANにつながるのはパソコンだけではない。今や、さまざまなデジタル機器が無線LAN機能を内蔵している。なかでも「iPhone」をはじめとするスマートフォンや、「iPad」などのタブレット機は代表格だろう。

 スマートフォンやタブレット機は、携帯電話と同じ通信回線(3G)も利用できるが、無線LANにつなぐことでいろいろな恩恵を得られる。最大の魅力は通信速度だ。ウェブの表示時間を比較すると数秒は早い(図1)。

図1 無線LANを利用する最大のメリットは、通信速度の高速化だ。ウェブページを読み込む時間が、1ページあたり数秒も短縮できる
[画像のクリックで拡大表示]

 このほかiPhoneなら、楽曲の購入や、20MBを超えるアプリのダウンロード、テレビ電話機能の「フェースタイム」も利用できる(図2)。スマートフォンやタブレット機を導入したら、自宅では無線LANにつないで運用することをお勧めしたい。

図2 iPhoneでは楽曲の購入やビデオ電話の「FaceTime」、ファイル容量が20MBを超えるアプリのダウンロードは無線LAN接続時だけに制限している
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら