NVIDIAは2011年3月24日、グラフィックス製品の新モデル「GeForce GTX 590」を発表した。同社のデスクトップPC向け製品の最上位モデルで、グラフィックスチップとメモリーを2セット搭載している。現行の「GeForce 500」シリーズと同じく、DirectX 11や立体視の「3D Vision」、汎用演算に使う「CUDA」など同社の独自技術に対応している。同日、ボードメーカー各社はGeForce GTX 590搭載製品を発表した。実勢価格は9万円前後。日経WinPC編集部はGeForce GTX 590搭載ボードを入手。性能や消費電力を調べた。

GeForce GTX 590を搭載したNVIDIAのレファレンスボード。
[画像のクリックで拡大表示]

レファレンスではDVI×3の他、Mini DisplayPortを備える。
[画像のクリックで拡大表示]

 GeForce GTX 590は、これまでの最上位製品「GeForce GTX 580」相当のグラフィックスチップ(開発コード名はGF110)を2個搭載した製品。GTX 580は、NVIDIAのグラフィックスチップ内の機能の単位を示す「GPC(Graphics Processing Clusters)」が4個、GPC内でシェーダーをまとめた「SM(Streaming Multiprocessors)」が16個あり、シェーダーの総数は512個だった。GeForce GTX 590では2チップ構成なので、それぞれ2倍になっている。

 コアの動作周波数はGTX 580の772MHzに対して、GTX 590は607MHzと低い。メモリーは、チップごとに1536MBを384ビット幅で接続しており、全体でGTX 580の2倍になっているが、動作周波数はGTX 580の4.008GHzに対し3.414GHzと抑えられている。製造プロセスはGTX 580のチップと同じ40nm。最大消費電力は365W。推奨の電源ユニットの定格出力は700W(GTX 580は600W)だ。

●GeForce GTX 590/580の主な仕様
※1…Graphics Processing Clusters、※2…Streaming Multiprocessors
チップ名称GTX 590GTX 580
GPC(※1)/SM(※2)8個/32個4個/16個
シェーダー(CUDAコア)数1024個512個
テクスチャーユニット数128個64個
ROPユニット数96個48個
コア動作周波数607MHz772MHz
シェーダー動作周波数1.215GHz1.544GHz
メモリー 動作周波数3.414GHz4.008GHz
メモリー 容量GDDR5 3072MBGDDR5 1536MB
メモリー バス幅768ビット384ビット
メモリー 転送速度327.7GB/秒192.4GB/秒
製造プロセス40nm40nm
消費電力(最大、ボード)365W244W
電源ユニットの推奨出力700W600W

レファレンスボードの裏面。基板は12層だ。
[画像のクリックで拡大表示]

外装を外したところ。各チップに接触面が銅製の冷却ブロックを取り付け、ファンを中央に配置してある。
[画像のクリックで拡大表示]

クーラーを外したところ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら