シリーズでお届けしている「ビジネス印刷“十種競技”」も第3回目。前回の「DVDレーベル」に続いて、今回はアイロンプリントで「応援用Tシャツ」を作成してみる。職場でスポーツイベントを開催するとき、お揃いのオリジナルTシャツで身を包めば、メンバーのテンションも一気に上がるに違いない。ぜひ挑戦してほしい。

 オリジナルのTシャツと言っても、デザインに凝る必要はない。ワンポイントのちょっとしたデザインを施すだけで効果は抜群。みんなが揃って着用すると、不思議と連帯感も生まれてくる。今回は、野球の応援用Tシャツ作りにチャレンジしよう。

イメージイラストとチーム名を入れて、オリジナルのTシャツを作ってみよう。
[画像のクリックで拡大表示]

 オリジナルTシャツを作るために必要なアイテムは3つ。Tシャツ、アイロンプリントペーパー、そしてアイロンだ。用意するTシャツの色と素材によって、選ぶ用紙の種類が変わってくる。用紙には大きく分けて白生地用とカラー生地用があり、アイロン転写の方法が異なる。今回は、最もスタンダードな白無地のTシャツを用意した。素材は、基本的に綿100%のごく一般的なTシャツを選んでおけば問題ない。サッカーのユニフォームのような、化繊にプリントする場合には、化繊生地用のものを選ぶ必要がある。

エレコムの「アイロンプリントペーパー 洗濯に強いタイプ・白生地用 (はがきサイズ・3シート)(EJP-SWPH1)」。実勢価格は380円。1枚130円程度で気軽にプリントできる。はがきサイズなので、ワンポイントプリント向き。白Tシャツ用、洗濯に強いタイプで、オリジナルTシャツに最適だ。ほかに5枚入りやA4サイズもある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら