「Windows Booster 7」「Windows Doctor 7」(稲垣 明浩 氏)

Windows 7のちょっと不便な部分を超簡単に改善できたら…

 Windows XPやVistaマシンを7にアップデートしたときや、スペックが低めのノートでWindows7を使うとき、そのほかさまざまな場合でWindows7の動きを鈍く感じ、もっとキビキビ動いてくれたら、と思うときがある。

 そういう場合によく使う手としては、OSの便利機能や親切機能、逆を言えば便利さや使い勝手を優先するがゆえに処理を多少奪っているような機能、それらのうち、なくても困らない機能をオフにするなどして速度を多少なりとも稼ぐ、というやり方。具体的には、ウインドウを開くときのアニメーションやエアロの半透明機能、ウインドウの影処理などのビジュアル機能をやめたり、UACやバルーンヘルプをオフにしたりなどだが、そのあたり「チリも積もれば山となる」で、ある程度まとめて行うと、けっこう動きが快適になってくれる。

 これらのカスタマイズは、ひとつひとつコントロールパネルなどの設定を開いてオフにしたりして値を調整するのもいいが、一方、便利なカスタマイズ専用のチューニングソフトを使って調整すると効率がよい。この連載でもその種のチューニングソフトを紹介したことがある。

 ところが、そういったソフトを開いていちいち項目を選んで設定するのはけっこう面倒なので、ある程度の速度向上チューニングをセットにして、ごく簡単に設定してくれるソフトがあればと思うのだ。

 それが今回紹介する「Windows Booster 7」。記述によると「Windows7の各種設定等をワンクリックでチューニングして、パフォーマンスの向上、システムの最適化及び高速化を実現します」というわけだ。解除もダブルクリックひとつでOK(設定/解除ともに適用にはWindowsの再起動が必要)。できる設定は下記の通り(一部)だが、詳しい内容については作者ページを参照しよう。

   ・ スタートメニューの表示の高速化
   ・ カーネルの物理メモリの常駐化
   ・ ライブ・タスクバー・サムネイル・イメージの高速化
   ・ キーボード入力表示の高速化
   ・ Windows終了時に応答なしプログラム確認時間の短縮化
   ・ リモートデスクトップの無効化
   ・ Windows File Associationsの連動無効化
   ・ ショートカット作成時に「-ショートカット」の非表示化
   ・ レジストリエディターのオープン履歴の記憶無効化
   ・ ダイアログ等の警告音の無効化
   ・ 8.3形式のファイル名の無効化
   ・ USBデバイスの警告メッセージ表示の抑制
   ・ ファイル、フォルダ情報拡張の最適化
   ・ ファイルコピーの高速化
   ・ ブルースクリーン表示の即再起動化
   ・ マウス操作の最適化
    ……(以下略)

 ただし、これらひとつひとつを個別にオンオフしたい場合や、上記のセットに納得できない場合などは、先に紹介したチューニングソフトなどを用いよう。でも、筆者としては、この簡易さはなかなか貴重だと思う。まあ、賛否両論はあるだろうが、いちおうどれも速度を重視する場合には「なくてもいい」機能とも言えるし。

 使ってみたところ、体感的に動きが機敏になるのが分かる。特に、最新ではないマシンに無理やりWindows7を載せたときとか、スペックよりも電力重視の使い方をしているとき、少しでも速度を稼ぎたい非力なネットブックなどに効力を発揮する。とにかく簡単、というのが敷居が低いし。

 そんな感じでこの「Windows Booster 7」をダウンロードして使ってみよう、というわけだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら