日本型電子書店の姿が、おぼろげながら見えてきた。

 現在欧米では、電子書籍リーダーを開発した企業が電子書店を開設するパターンが一般的。米アマゾンは、「Kindle Store」を運営し、リーダーの「Kindle」はそこにつなぐ専用端末という位置付けになる。パソコンやiPhoneなどのスマートフォン向けの電子書籍リーダーソフトを無料配布しており、Kindle以外からも購入し閲覧できる環境を整える。

【代表的な電子書店における電子書籍の流通のさせ方】
米アマゾンは、iPhoneやiPad、パソコン向けに電子書籍閲覧ソフトを配布しており、Kindle Storeで購入した電子書籍は、Kindle以外でも読める。機器が変わっても読みかけの場所を開いてくれる工夫がある
[画像のクリックで拡大表示]

アップルは、電子書店を自社製品のiPhone/iPadだけに提供するのが特徴。ただ、iPhone/iPadユーザーは、電子書店以外に、出版社などが開発したアプリ形式の電子書籍を読むこともできる。電子書店アプリもある
[画像のクリックで拡大表示]

グーグルが来春始める「Googleエディション」は、Webブラウザーでアクセスできる電子書店だ。検索した結果から書店に誘導する仕組みである。ただ、ほかの書店で購入しても、一括して管理でき、読書できる
[画像のクリックで拡大表示]

 米アップルも似ているが、自社で運営する「iBookstore」は、iPadやiPhone向けの専用電子書店となる。ただ、出版社やほかの電子書店は、アプリケーション配布サービス「App Store」を通じて、個別に書籍をアプリの形でも販売できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら