電子書籍として出版される本が急速に増えつつある。ここ数カ月、発行点数はうなぎ登りで、年末にかけてさらに充実する勢いだ(図1)。

【コミックと雑誌は既に充実、文芸書なども増加中】
図1 書店やオンライン書店と、代表的な電子書店の規模を比べた。現在は、書籍、コミック、雑誌ごとに専業の電子書店が多い。規模がまだ小さいが、コミックや雑誌はかなり充実してきている
[画像のクリックで拡大表示]

 確かに、膨大な紙の本に比べればまだ電子書籍の出版点数は少ない。しかし、過去の名作に加え最近では「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(ダイヤモンド社)のように新刊、話題作が早々に電子書籍化されるケースも目立っている。コミックや雑誌も合わせると、既に小型書店並みの品ぞろえを楽しめる時代になっているのだ。電子書籍の提供形式も以前のパソコン、携帯向けだけでなく、iPad/iPhone向けが急激に増えている。

 文芸書や実用書など、活字中心の出版物に強い電子書店「電子文庫パブリ」では、発行済みの文庫本を中心に、約1万5000冊をパソコン向け、約8500冊をiPhone向けに販売する(図2)。この中には浅田次郎「蒼穹の昴」(講談社)、伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」(新潮社)など、ベストセラー作品も多い。

【業界最大手の講談社は急ピッチで電子化を進め、年内には2万冊に】
図2 電子書店「電子文庫パブリ」における講談社の電子書籍の品ぞろえの例。講談社など41社が加盟する社団法人の日本電子書籍出版社協会が運営する、代表的な電子書店の一つだ。講談社文庫は約500冊が購入できる
[画像のクリックで拡大表示]

 書籍電子化でリードするのが講談社。10月に都内で開かれたフォーラムで、「年内に約2万タイトルを電子書籍にする」(野間省伸副社長)方針を明らかにした(図3)。これは、市場に流通する同社全書籍に相当する規模だ。また小学館は、11月に電子書店を開設する計画。新刊・旧刊ベストセラーを中心に約200点から販売をスタートするという。

図3 同社は、年内に現在書店などに流通しているのとほぼ同規模の2万タイトルを電子化する方針。5月には、京極夏彦氏の新作小説をすぐに電子化し話題を集めた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら