「HDD-SCAN」(データ復旧テクニカルセンター)

HDDはパソコンの命…

 パソコンにHDD(ハードディスクドライブ。Wikipediaの説明)というものが搭載されてから、もう20年近くになると思う。まあ、SSDなど次世代のストレージデバイスが普及しつつあるものの、未だにHDDはほとんどのパソコンの主要なストレージ。システムもアプリも大事なデータもHDDに格納される。

 それにしても、HDDはいつかは壊れるもの。昔より振動や熱に強くなっているものの、ある程度経つと寿命が来たり、なんらかのタイミングで故障したりしてしまう。それも、だんだんに調子が悪くなってしまいには壊れたり、突然物理的にオダブツになったり。

 HDD自体は壊れたら買ってくればいい。問題はHDDに入っているデータ。とにかくHDDは壊れる、ということで、データのこまめなバックアップが巷では推奨されているので、読者諸氏は定期的に行っているとは思うが、万全を期していても、突然HDDがイカれたら、前回のバックアップからの差分やら、細かく行ったシステムのカスタマイズやら、さっきやりとりしたメールデータとか、いろいろと失うものが多いのである。まあそういうときに限って、前回のバックアップからずいぶんと時間が過ぎていることに愕然としたり。

 そんな感じで、何回もHDDの故障により大事なデータを吹っ飛ばしている筆者のように、パソコンを長く使いこなしている人は少なからずそういう経験があるだろう。とはいえ、使い始めたばかりの人やそこそこ使っている人も、日ごろ、HDDの健康状態を把握しておくことは大切だと思う。

 まあ、突然の故障には対処できなくても、総使用時間をみて寿命がそろそろ危ないな、とか、HDDは熱に弱いので、温度をみて、もうちょっとケースの熱対策をしようかなとか、そういったモニターは大切。あとそのほか、何となく調子が悪くなったときに、ディスクをスキャンして、エラーセクターがないかどうかをチェックできれば、それなりにバックアップなど早めの対策も施せる。

 というわけで、HDDの状態を詳細にモニターできるソフトを今日は紹介しよう。以前こういうソフトやさらにこのソフトなど、HDDの「S.M.A.R.T.」情報を解析して表示するソフトを紹介した。今回紹介する「HDD-SCAN」は、「S.M.A.R.T.」情報に加えて、HDDの情報表示、HDDへのデータの読み書き状態の点検、不良セクターの検査などして、HDDを総合的に診断するソフト。

 このソフトはHDDのデータ復旧サービス(故障して、正常な方法ではアクセスできなくなった記憶メディアからデータを取り出し復旧・復元を行うサービス)を専門にした会社が無料で提供するもの。「世界で一番使いやすいhdd故障診断ソフト」と謳われているが、まさにそのとおりかも。

図1 「世界で一番使いやすいhdd故障診断ソフト」を無料提供する「データ復旧テクニカルセンター」のトップページ
[画像のクリックで拡大表示]

 取り返しのつかない(もう、データ復旧サービスに出すしかない、みたいな)状態になる前に、できる限りバックアップなどの対策を打てるよう、HDDを総合的に診断できるソフトを無料で提供してくれているとは、なんともありがたい。なお、HDDのほかにも、メモリーカードやUSBメモリーなどほかのメディアの解析も可能。さっそくこの「HDD-SCAN」をダウンロードして使ってみよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら