「DriverMax」(Innovative Solutions社)

使ううちにだんだん遅くなってくるPC、再インストールで再起を図りたい

 PCを使っていくうちに、最初の何も入ってない状態に比べて、なんとなく遅くなったり、調子が悪くなってきたりする。いろいろなゴミファイルとかレジストリエラーとかがたまるから、というわけだ。各種ツールも大して役に立たない末期状態、そんなときに思いつくのがWindowsの再インストールだ。

 いつもこういうとき思うのが、ウラミツラミ満載の人間関係(とくに男女関係)も、まっさらにフォーマットして“再インストール”して、無垢な状態で再スタートできればどんなにいいか。出会ったころのあのトキメキはどこいったのか、みたいな(笑)。

 まあ、そっちはそうはならないが、愛機のほうはしょせん機械、OSの再インストールでかなり「まっとう」な状態が戻ってくる。ならばいつ再インストールしよっかな、と。でも、いつでも思い立ったときに再インストール、というわけにもいかない。今あるデータをバックアップしたり、設定をメモしたり、さまざまな準備が要る。

 あと重要なのが、各種機器のドライバー。OSの再インストールは済んでも、基本的に各デバイスのドライバーファイルがないと動かない。そのために機器構成に合ったドライバーのCDを探したり、メーカーサイトからドライバーをダウンロードしたりするなど、各種ドライバーを集める準備もけっこう面倒。というわけで、なかなか手がつけられず、「再インストールしなきゃなぁ」と思いながら、時ばかりが過ぎていく。

 そんなときに、手間いらずなのが今回紹介する「DriverMax」。このソフトは、今使っているPCにインストールされているドライバーをひとつのフォルダーに集めてくれる。

 このフォルダーをリムーバブルディスクなどにコピーしておき、Windowsの再インストールの際にそこからドライバーをリストアすれば、機器に合った環境が簡単に構築できるってわけ。

 今回はその「DriverMax」を使って、マシンにインストールされているドライバーを集めてバックアップして、Windowsの再インストール作業をラクにしよう、というわけだ。あと、再インストール目的でなくても、ドライバーをバックアップしておけば、いざというときの役にも立つ、という感じで。英語ソフトではあるが、直感的な作業であまり苦労なく使える。

 そうそう、この「DriverMax」には、ドライバーファイルを集める機能のほかにも、PC内のドライバーをスキャンして、アップデートを知らせる機能がある(メインウインドウで「Driver downloads and info」の「Check online for driver updates」をクリック)。今入っているドライバーが最新であるかどうかを調べて結果を表示してくれるのだ。そして、1日2個までという制限付きではあるが、最新のドライバーを結果のリンクから簡単にダウンロードしてインストールできる。制限付き、というのは、実はこの「DriverMax」にはPro版という有料バージョンが存在し、それを使うと1日2個の制限が解除されるのだ。でもまあそのあたりは、フリー版のまま、コツコツとアップデートしてゆけばよい、というわけ。

 ただし今回は、ページの都合でドライバーのバックアップ機能に的を絞って解説するので、ドライバーのアップデート機能は概要の解説にとどめる。まあ、ドライバーをバックアップする際にも、すべてが最新版であるに越したことはないので、この機能もなかなか捨てがたい。あまり難しくないので、各自でぜひやってもらいたい。

 ではこの「DriverMax」をダウンロードして使ってみよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら