今回はNTTドコモの「dynapocket T-01B」とau(KDDI)の「IS02」を取り上げる。この2モデルは、どちらもWindows Mobilleを搭載した端末で、内蔵するソフトウエアが一部異なるものの、ベースとなるハードウエアは共通している。文字入力やメール、Webブラウザーなど基本機能の操作性は共通しているので、ここでは同一機種として、まとめてレビューする。なお、各端末で差異がある場合は、その都度触れさせていただく。

 dynapocket T-01BとIS02は、スライド式のQWERTYキーボードを搭載していることが大きな特長だ。普段はキーボードを格納したコンパクトな状態で持ち歩けて、4.1型の大画面ディスプレイをタッチすることで操作できる。文字入力を要するときはキーボードを引き出し、PCライクに文字入力が行える仕様だ。QWERTYキーボードを搭載しながら約12.9mmという薄さを実現していることや、コントラストが高く、視野角が広い有機ELディスプレイを採用していることもメリットと言えるだろう。

左がauのIS02、右はNTTドコモのT-01B。ドコモ版は、このチタニウムブラックのほかにホワイトもある
[画像のクリックで拡大表示]

背面には約320万画素のCMOSカメラが搭載されている。IS02にも「dynapocket」のロゴが記されている
[画像のクリックで拡大表示]

どちらの端末も、スライド式キーボードを収めた状態では、フルタッチ操作のスマートフォンとして使える
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら