最後にパソコン用とスマートフォン用のカーナビソフトを紹介しよう。まずはパソコン用から。パソコン用は1製品のみでインクリメントPの「MapFan Navii」がそれ。パソコン用のGPSと連携してナビゲーションするソフトで、音声案内もできる。起動すると全画面表示になり、タッチパネル付きのパソコンで動かすとパソコンがカーナビに変身する。

 特徴はカーナビ専用機と比べて、検索が速いこと。パソコンとしては性能が低いネットブックでも、問題なく使える。そして、パソコンで調べた情報を簡単に取り込める。インクリメントPの地図ソフト「MapFan.net」[注2]で検索したスポット情報を簡単に利用できる(図1)。価格もGPS付きで2万円以下と安く、パソコン用GPSを持っているユーザーなら、ソフト単体を1万円以下で購入できる(図2)。

図1 地図ソフトとGPSが連携すればパソコンもカーナビになる。今のところ、インクリメントPの「MapFan Navii」のみだが、音声案内もできる本格派だ
[画像のクリックで拡大表示]

【起動すると全画面がカーナビに。音声案内機能付きの本格派】
図2 MapFan Naviiはパソコンをカーナビにするソフト。GPSレシーバー付きで2万円を切る。地図データを内蔵しており、検索は速い。ジャイロスコープはないのでナビ機能はポータブル機よりも劣るが、オプションで渋滞情報も入手できる
[画像のクリックで拡大表示]

[注1]6月25日から価格改定し値下げした。パッケージ版は1万3650円から8980円、ダウンロード版は9975円から7800円になる。GPSレシーバーセットの価格は執筆時点で未定のため6月24日までの価格を記載した
[注2]MapFan.netの年間使用料2079円。「MapFan Navii通信オプション」を契約すると契約期間中は使用料が無料になる

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら