約1年ぶりに、最新のiPhoneが登場した。今回は、ボディーデザインを一新した、全く新しいモデルとして関心を集めている。

 まずは、デザインから注目していこう。全体に丸みを帯びた旧モデルに比べ、新機種はエッジを効かせた硬質な外観となった。

iPhone 4のデザインは、「3GS」の曲線基調のそれから、直線基調のシャープなものへと大きく変わった。iMacやMacBook Pro、iPadなどと同じイメージの、ガラスと金属で構成されたボディーは高級感満点だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 旧モデルのiPhone 3GSと比べると、高さはほぼ変わらないが、より薄く幅もスリムになった。また、重量は2gほど増加している。とはいえ、手にして分かるのは、スリムで幅が狭くなったことだ。数mm幅が狭くなっただけだが、ずいぶんと持ちやすさが向上している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら