ここでは3万円台の「売れ筋モデル」を紹介します。このグループの特徴は、撮影機能が充実している点。ほとんどの機種が、手ブレ補正はもちろん、最適な設定に自動的に切り替える機能を備えています。

 また、広い範囲を撮影できる広角モデルや、10倍以上の光学ズームを搭載したモデルも多くあります。ハイビジョン動画の撮影や大きな液晶モニターなど、流行の機能もそろっており、末長く使えるでしょう。

 「お買い得モデル」より1万円~2万円は高くなりますが、機能とのバランスが良く、人気があります。日常生活から旅行まで、いつもカメラを持ち歩いて撮影したい人にお薦めです。

この価格帯のカメラの特徴
光学10倍ズーム機がこの価格帯から出ている

数年前までは高級モデルにしかなかった高倍率ズームですが、最近は3万円台のカメラでも珍しくありません。しかも、カメラの厚さは一般的なコンパクト機と同等(下の写真)。また、広角側も24ミリ~28ミリが主流で、遠くも近くも撮れます。

約6年前の10倍ズーム機と比較。同じ倍率でも、今ではこんなに薄い!
液晶は3型、撮影も再生も快適

ほんの数年前までは1.8型や2.5型だった液晶画面も、今や3型以上が主流になりました。それに伴い、ファインダーを備えないモデルがほとんど。液晶の画質も改良されており、撮影時にピントを確認しやすくなっています。写真を再生するときも見やすくなりました。

液晶の大きさは歴然の差。ファインダーをなくした分、大型化が進んでいる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら