今、デジカメの購入を検討しているのなら、それは正解です。数年前では珍しかった手ブレ補正機能や顔認識機能は、もはや標準。当時にはなかったハイビジョン動画の撮影機能でさえ、当たり前になりつつあります。まさに買いどきです。

 ただ、いざ買おうとなると、あまりにも種類が多くて何を選んでよいのか迷うもの。でも、このページの「デジカメマップ」で予算別のグループを把握すると、製品を絞りやすくなります。

狙い目の機種がわかる!最新デジカメマップ
3つの予算別グループを把握しよう
デジカメの種類を把握しやすいように、価格帯別にグループ分けしたのがこの「デジカメマップ」。1万円台~2万円台で購入できる「お買い得モデル」から、3万円台の「売れ筋モデル」、3万円台~4万円以上の「高機能モデル」に分けました。高機能になるほど重量も増えていく傾向があります。また、防水機能やGPS機能など、独自の機能にも注目です。
[画像のクリックで拡大表示]

 最もお薦めなのが、3万円台の「売れ筋モデル」。高倍率ズームや広角レンズを備えた機種、ハイビジョン動画を撮れる機種がそろっています。

 予算を抑えたければ、選択肢は1万円台からあります。この「お買い得モデル」は、数年前の3万円台の機種よりも高機能になっています。

 また、本格的に写真を楽しみたいなら、少し値は張りますが「高機能モデル」がお薦め。高速連写やレンズ交換式など、下位グループにはない優れた機能を持つカメラを選べます。

 ぜひ、自分のスタイルに合うカメラを見つけてください。

※この特集記事に掲載されている製品の価格は、編集部が独自に調査した実売価格です。実売価格は常に変動しますので、購入前に店頭などでご確認ください。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら