2010年に入り約3カ月の間に、大手キャリアが相次いでスマートフォンを発表した(写真)。2010年は、グーグルを中心としてキャリアや端末メーカーで構成する業界団体「OHA(Open Hardware Alliance)」が開発したモバイル端末向けのOS「Android(アンドロイド)」を搭載する端末を中心に、多数のスマートフォンの発売が予測される。まさに“スマートフォン元年”と呼んでも過言ではないだろう。こうした状況の変化を受け、通話やメールを主用途とする従来型のケータイ(以下、「ケータイ」)からの乗り換えを考えている人も多いだろう。また、今使っているケータイを維持したまま、パソコン代わりに使える2台目のモバイル端末としてスマートフォンの購入を検討している人もいるだろう。

大手キャリアが相次いでスマートフォンを発表(左からNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDI)
[画像のクリックで拡大表示]

 多彩な機能を搭載するスマートフォンは、使い方も人ぞれぞれ。自分の用途に適した端末を選ばないと、買ってから後悔することになりかねない。また、利用料金もケータイとは異なる部分があるので、ケータイ選びの“常識”がそのまま通じないこともある。

 この記事では、各社が発売している、あるいは今春に発売予定のスマートフォンの特長、OSによる使い勝手の違い、料金プランの比較などを試みる。これからスマートフォンの購入を考えている人は参考にしていただきたい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら