「SnapCrab for IE」(フェンリル)

Webページの情報をスクラップしたい!

 いろいろとWebページの情報を見ているときに、「ああこの情報を取っておきたいな」と思うことがある。新聞や雑誌を切り抜いてスクラップしておく、みたいな感じだ。

 筆者はそういった、取っておきたいWebページの情報があるときは、IEの「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」していた。これだとテキストや画像なども保存できて、あとで使えて便利、「Webアーカイブ」形式ならひとつのファイルで保存もできて管理もラク…と思っていたが、これだとページそのものを保存するわけだからファイル容量も大きくなっちゃって、あんま手軽じゃない。

 ならば、と「Print Screen」キーを使って画面のキャプチャーを撮ることにした。「Altキー」を押しながらだとアクティブウィンドウのみキャプチャーが撮れるわけで、表示しているIEのウィンドウがそのまま画像ファイルになり、なかなかお手軽でイイ感じ。

 でもこれも問題が。スクロールしないと全部を見られないウィンドウは、いくつかに分けて撮る必要がある。これらをひとつの画像にして取っておくには、グラフィックソフトでつなぎ合わせないといけない。また、一部だけを切り取りたい場合も、トリミングが必要。というわけで、なかなか人生うまくいかないモンである。

 そんな中、スクロール画面を一連でずずっとキャプチャーできるソフトを発見。これを筆者は長い間愛用していて、今回紹介しようとしたら、なんと、現在はシェアウエアに変わってしまっている。IEの画面を自由自在に「キャプれる」ソフトはないのかと探し出したものが、今回紹介する「SnapCrab for IE」。

 これは、筆者が昔、IEにタブ機能がないころに愛用したタブブラウザー「Sleipnir(スレイプニル)」(もちろん今でも便利なタブブラウザーとして愛好者も多い)の便利機能のIE移植版。ツールバー形式のアドオンとして提供されている。

 この「SnapCrab for IE」を使うと、IE(8以降の対応)の画面の表示領域はもちろん、スクロール領域を含めた全体、あるいは一部を切り抜く、など自由自在にWebページをスクラップできる(キャプチャーはPNG形式の画像で保存される)。ほかにも、カーソルを含めたキャプチャーが可能(「ここをクリック」みたいな感じの解説に使うときなどに有効)。

 あと、「Sleipnir」を使っていたときに便利だった機能がおまけに付いている。Webページ上でテキストを選択するだけで検索窓にそのテキストが入るというユニークな機能だ。選択して検索ボタンを押すだけで検索できるのはすごく便利。

 というわけで、「SnapCrab for IE」をインストールして使ってみよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら