税務申告のキホン

 日本の所得税は「申告納税制度」であることをご存じだろうか。平たく言うと、仕事に就いてお金を稼いでいる人は、「誰でも」「全員」、税法に従って自分の所得金額と税額を正しく計算し、自ら申告・納税しなければならないのが原則だ。

 会社を経営している人や、個人で仕事をしている人(個人事業主)なら、毎年決まった時期に「確定申告」が必要なことはご存じだろう。恒例とはいえ、1年分の収支をまとめて決算書や確定申告書を作成するのは、なかなか大変な作業のはずだ。

 一方、給与所得者、いわゆるサラリーマンの場合は、確定申告にあまりなじみがないだろう。というのは、毎月支払われる給料やボーナスから、所得税や健康保険料、年金保険料などを「天引き」する、「源泉徴収制度」が存在するからだ。給料を支払うときに、会社が適切な金額を計算して差し引いた分を預かり、給与所得者本人に代わって税務署に納めてくれているのだ。会社が代行して申告・納税した分は、「年末調整」の際、本人が1年分をまとめて確認する。このとき、必要に応じて修正や追加の申告が可能だ。つまり、本人は無意識かもしれないが、給与所得者も「自ら申告・納税」しているわけだ。

 とはいえ、給与所得者にとって、年末調整は申告の「最後のチャンス」ではない。各人の事情に合わせて「確定申告」をすることで、天引きされた所得税が還付される場合がある。また、確定申告は「個人の自由」とも限らない。給与所得者であっても、確定申告をしなければならない場合があるからだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら