前回は、ネットブックでのWindows 7の性能をチェックした。Windows XPでは起動の遅かったWordがレスポンスよく使えるなど、今のところ大きな不満はない。

 しかし、Windows 7の設定ををちょっと変更すれば、もっとパフォーマンスが良くなるかもしれない。たとえば、Windows 7の目玉機能のひとつ「Windows Aero」は、Windows Vistaと比較すると、グラフィックスメモリーの使用量は抑えられているというが、無効にすることで速度の向上が見込める。今回はネットブックを少しでも快適に使うために、Windows 7の設定をいろいろ変更してみよう。

Aeroをオフにすると高速になる?

 Windows Aeroは半透明のインターフェイスで、Windows 7では「Aero シェイク」と「Aero プレビュー」といった新機能が加わった。Aero シェイクは、複数のウインドウを開いているときに、タイトルバーをクリックして左右にマウスを動かすと、ほかに開いているウインドウが最小化されるというもの。Aero プレビューでは、タスクバーの右端をポイントすると、開いているウインドウが透明になり、デスクトップのアイコンやガジェットが見えるようになる。

 ともに使いこなすと便利な機能で、インタフェースも半透明で美しい。ちなみに、店頭で販売されているネットブックが搭載するWindows 7のエディションは、最下位の「Starter」で、このAeroの機能は使用できない。Windows 7 Home Premium以上でないと使えない機能をオフにするのももったいない気もするが、どれくらい速度が変わるか試してみる。

「Aero プレビュー」は、タスクバーの右端をポイントすると、開いているウインドウがすべて透明になり、デスクトップが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら