今回は米PandoNetworks社の「Pando」の使い方を詳しく解説する。

 PandoはP2Pを利用したファイル転送サービスで、無料で1度に最大1GBの大容量データを送信することが可能。サービスを利用するには、事前に専用ツールをインストールする必要がある。

 ファイル転送の方法は「Email」「IM(インスタントメッセンジャー)」「Web」「Twitter」の4つがあり、アップロードしたファイルはEmailとIMで7日間、Webでは30日間の保存期限を設けている。EmailやIMでは、メッセージに貼り付けられたファイルのサムネイルをクリックすると、PandoのWebサイトにアクセス。またWebではダウンロード用のURLを発行してファイルを転送する仕組みになっている。なお、ファイルをダウンロードするには、受け取るユーザーにもPandoの専用ツールが必要だ。

 転送容量が3GBとなる23.95ドルの有料版も用意。ファイルの保存期間はEmail・IMで14日間、Webでは60日間に延び、ダウンロードの速度は無料版の5倍以上になるという。ほかにも無料で技術サポートを受けられる、広告表示がなくなるなどのメリットがある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら