今回はアントシステムの「アゲルね.jp」の使い方を詳しく解説する。アゲルね.jpは最大2GBのファイルを一度に送信できる転送サービス。アップロードしたファイルのダウンロード用URLを発行し、メールで送信してデータを転送する。ファイルのダウンロード回数は20回、保存期間は7日または無期限から選択できる。送信先は最大5件で、最大100件まで登録できるアドレス帳機能を備えている。

 また、サーバー上に自分専用の「受取箱」を設けて、ファイルを収集することも可能だ。受取箱のURLとID・パスワードをファイルの送信者に知らせて、アップロードしてもらうのだ。

 プランは「スポット」「スタンダード」「グループ」「プロ」の4つに大きく分けられ、用途に応じて契約スタイルを選べるのが便利。スポットは、1050円で送受信データの合計が1GBになるまで使い切りのプラン。スタンダードは初期費用1050円+月額1029円で750MBのディスクを繰り返し利用可能だ。さらに「グループ」「プロ」なら、月ごとの定額料金で専用のスペースにアップロードされたファイルを、複数ユーザー間で自動的に共有できるのも大きな特徴。転送/収集ができるファイルの容量など、詳細は各プランによって、下表のように細かく設定されている。

[画像のクリックで拡大表示]

 今回は5日間無料で利用できるお試しプランを試用した。ディスクの合計容量は100MBで、1回で転送できるファイル容量は100MBとなっている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら