(13)無料で使えるウイルス対策ソフト

ソフト名Avira AntiVir Personal - FREE Antiviru
作者Avira GmbH.
入手先http://www.free-av.com

 Windowsに搭載されているセキュリティ機能だけではウイルスなどの不正プログラムが怖い。補助的に使うネットブックに、あまりお金をかけたくないという人にオススメなのがAvira AntiVir Personal - FREE Antiviru。これは個人が営利目的以外で使用する場合にのみ使える無料のウイルス対策ソフトだ。

 パターンファイルの更新や常駐保護、自動アップデートなどもすべて無料なのがうれしい。ウイルス検出率も高く、安心して使える。さらに、リアルタイム検索をしていても動作が軽いため、ネットブックで使用するのにもオススメだ。

 英語版だが、簡単な英文なので、以下の手順を参考にして、使い始めてほしい。なお、E-WordChanger2000(シェアウェア)とAvira AntiVir Personal - FREE Antiviru用の辞書ファイル(http://www.nihongoka.com/jpatch_dairi/antivirfree)を利用すれば日本語化することもできる。

インストールが完了すると初期設定の画面が表示されるので、「次へ」をクリックして設定を開始する
[画像のクリックで拡大表示]

ヒューリスティックスキャンの検出レベルを設定する。通常は「Medium detection level」のままでかまわない。「次へ」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

検索するプログラムの種類を設定し、「次へ」をクリックする。後はメッセージに従って設定を完了する
[画像のクリックで拡大表示]

Avira AntiVir Personal - FREE Antiviruは常駐型なので、後は特に操作する必要はない。手動でスキャンを実行したかったり、設定を変更したい場合は、タスクトレイのアイコンを右クリックし、「Start antiVir」を選択すればメイン画面が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

画面左のメニューから「Local protection」-「Scanner」を選択し、右側で場所を選択すると、選択した場所だけをスキャンすることもできる
[画像のクリックで拡大表示]

他のオススメソフト
ソフト名AVG Anti-Virus Free Edition
作者AVG Technologies
入手先http://www.avgjapan.com/
特徴開こうとしているWebページが安全かどうかもチェック。

他のオススメソフト
ソフト名avast! antivirus Home Edition
作者ALWIL Software
入手先http://www.avast.com/jpn/avast_4_home.html
特徴ブートタイム検索やスクリーンセーバータスクも搭載

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら