USBポートに挿して、パソコンで手軽にワンセグ放送が見られる小型チューナー。今なら、アイ・オー・データ機器の「GV-SC400」をお薦めする(図1)。最大の特徴は、何もインストールせず、挿すだけでテレビの視聴と録画・再生が自在にできる点だ。

図1 ワンセグ放送[注1]の視聴ソフトが本体の内蔵メモリーに入った小型チューナー。パソコンに挿すだけでテレビを見たり、録画ができる。4GBの内蔵メモリーに、約20時間分の録画が可能。録画した番組を外出先のパソコンで見ることもできる
[画像のクリックで拡大表示]

 本体をパソコンのUSBポートに挿すと、内蔵のフラッシュメモリーからメニューが起動する。そこからクリック一つで番組を表示できる(図2、図3)。電子番組表(EPG)に対応し、予約録画も簡単だ。4ギガバイトの内蔵メモリーに最大20時間、録画できる。

USBで接続! ワンクリックでワンセグ視聴
図2 パソコンのUSBポートに挿すと(左図)、視聴ソフトが起動し、メニュー画面が自動で現れる(右図)。ここで「テレビを見る」をクリックすれば、すぐ画面に番組が映る(→図3)
[画像のクリックで拡大表示]

図3 ワンセグ放送は通常の320×180ドット表示のほか、4倍のサイズ(640×360ドット)に拡大して視聴できる[注2]。画面下の部分にマウスポインターを合わせると、受信可能なチャンネル番号が一覧で表示される。番号をクリックすると、番組を切り替えられる
[画像のクリックで拡大表示]

[注1] ワンセグ放送とは、地上デジタル放送用電波の一部を使った低画質のテレビ放送サービスのこと。地上デジタル放送とほぼ同じ番組が放送されている。視聴可能なエリアはデジタル放送推進協会のサイトを参照

[注2] 図はテレビ東京系ニュース番組「NEWS FINE」(月~金曜日、15時35分~16時00分放送)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら