「印刷」ダイアログからプリンターの設定を変更すれば、ページのレイアウトはそのままで、倍率を指定して印刷サイズを調整できる。WordにはA4やB5など既定の用紙サイズがあるが、イレギュラーなサイズに紙を裁断するときには、便利に使える機能だ。

 ページの大きさを拡大/縮小する際、Word 2003の印刷設定を使うと、既定の用紙サイズの中でしか調整がきかない。「A4サイズでは大きすぎるがB5サイズでは小さい」など、微妙な用紙サイズが必要なときには、プリンターの「プロパティ」から設定を変更しよう。プリンターによって操作は異なるが、ここでは一例を紹介する。

 「印刷」ダイアログを開き、「プリンタ」の「プロパティ」をクリック(図2)。「レイアウト」タブを選択し、「拡大/縮小」と「任意倍率」にチェックを付ける(図3、図4)。「倍率」でパーセンテージを指定して、ページのサイズを調整できる(図4)。

図1 「ファイル」メニュー→「印刷」を選択

図2 「印刷」ダイアログで「プリンタ」の「プロパティ」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図3 「レイアウト」タブを選択し、「拡大/縮小」にチェックを付ける
[画像のクリックで拡大表示]

図4 続いて「任意倍率」にチェックを付けて、「倍率」からパーセンテージを指定する
[画像のクリックで拡大表示]

図5 A4サイズのページを80%縮小した
[画像のクリックで拡大表示]