8スレッド動作やメモリーコントローラー内蔵といった、新機能を搭載したCore i7は、5年前のPentium 4と比べてどのくらい性能が高くなったのだろうか。IntelとAMDのどちらも、動作周波数やキャッシュ容量だけではなく、設計が異なる製品を展開しているため、性能差が分かりにくい。AMDの最新モデル、Phenom II X4 955 Black Editionも交えて比較した。

 テストの結果の前に、各CPUのアーキテクチャーの違いを確認しておこう。Intelの最新CPUであるCore i7は、Core 2シリーズの「Coreマイクロアーキテクチャー」(以下Core MA)をベースにした演算部分を4個搭載する。Core 2シリーズと大きく異なるのは、CPUコアと同じダイ(半導体本体)にトリプルチャンネルDDR3に対応したメモリーコントローラーを統合した点、4コアで共有する8MBの3次キャッシュを搭載する点だ。疑似マルチコア技術の「Hyper-Threading」の搭載により、8スレッド(スレッドはプログラムの実行単位の1つ)を同時に処理できるほか、CPUの消費電力や負荷に応じて自動でコアの動作周波数を上げる「Turbo Boost」も搭載する。

 従来のCore 2シリーズが採用したCore MAは、ノートPC向けCPUで使っていた設計を改良したものだ。Core MAは効率を重視。Pentium 4よりも低い周波数で同等以上の性能を出すうえ、消費電力を低くできた。

 AMDの現在のCPUは、1999年のAthlon(開発コード名はK7)のアーキテクチャーをベースにしている。2003年にメモリーコントローラーをCPUに統合したAthlon 64(同K8)、2005年にはデュアルコアのAthlon 64 X2(現在のAthlon X2)を発売した。2007年末にAMDが発売したPhenomは、K8コアを改良。クアッドコアを基本にして、共有の3次キャッシュを搭載した。2009年1月には製造プロセスを45nmに縮小したPhenom IIを発売した。Phenom IIの初期版はDDR2のみ対応のAM2+パッケージだったが、2月にDDR3とDDR2の両方に対応したAM3パッケージを発売した。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら