今年のゴールデンウィークは、何日か休暇を取れば4月25日から5月10日まで、なんと16連休も可能という話。だが、実際のところまだ計画を立てていない人も多いのでは。

 仕事が多忙であったり、休日の予定がまだはっきりしていなかったりなどの理由で、ぎりぎりに予定を決めざるをえない人もいるでしょう。そんな人のために、ゴールデンウィークの旅行を、いまから予約できるサイトの活用テクニックをご紹介します。

 かくいう私も会社員時代、ゴールデンウィークの計画はいつも直前。間に入る平日が休めるのかどうかというのは、連休前の仕事の進捗次第。そのため、キャンセル料を取られることを考えると、前々から予約するのはなかなか厳しい状態でした。特に、出発日直前のキャンセルは返金なしの場合がほとんどです。早めに予約して、予定に向かって仕事をするのもいいけれど、仕事の様子を見てぎりぎりに自分の休み方を決める良さもあります。

 もうすぐやってくるゴールデンウィークを旅先で楽しく過ごすために、ネットを活用して旅行の手配をしましょう。

不況とはいえ、今が海外への行き時

 100年に一度の大不況といわれる昨今ですが、実は昨年の同じ時期と比べると費用を抑えて旅行ができるというメリットがあります。いまより10万円多く稼ぐことは大変ですが、10万円安く旅行できるのであれば、思い切って今年は海外に行ってみるというプランはどうでしょうか?

オープンドアが運営する総合旅行情報サイト「トラベルコちゃん」の中にあるファイナルコールでは、出発まで1カ月を切ったツアーや航空券の空席情報を提供
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら