Cell_雀

http://home.att.ne.jp/zeta/gen/celljong/

作者/武藤 玄氏

フリーのシステムエンジニア、40歳。週末は2人の息子とお絵描きを楽しむマイホームパパ。息子の観察絵日記をブログで公開中。趣味はウクレレの演奏

 

 もし僕がそのとき食べ物を口にしていたのなら、口からポロンと落としていただろう。「Cell_雀」(セルジャン)を初めて目にしたときのことだ。

 Excelのマクロを使って麻雀ができるなんて! それだけでも十分に驚きなのに、遊んでみるとグラフィックスやプレイ感覚が、プレイステーションやニンテンドーDSのソフトに負けず劣らず、素晴らしい。対戦相手のコンピューターは手ごわく、本格的。これがフリーソフトとして配布されているとは、賞賛に値する。

 セル雀は、麻雀ソフトとして優れているだけでない。随所にユーモアが盛り込まれている点も、僕が気に入ったところだ。

 このゲームには、3つのモードが用意されている。通常の4人打ちの麻雀(対戦相手はコンピューター)が楽しめる「5時からモード」のほか、「5時までモード」「冴子先生モード」なるものまである。順に説明しよう。

麻雀ソフト「Cell_雀」をダウンロード

図1 武藤氏のサイトで図の文字をクリックして、LZH形式のファイルを入手。解凍後に現れるExcelのファイル「CelJong…」をダブルクリックして起動する[注]

[注] このソフトはExcelのマクロでできているため、起動時に「マクロにはウイルスが含まれている場合があります。…」というメッセージが表示される。このとき「マクロを有効にする」ボタンを押せば、ゲームのメニュー画面が現れる

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら