「eBoostr 2.0」(試用版/シェアウエア eBoostr JAPAN)

最近、ノートでVistaを使い始めたら…

 最近、ノートでVistaを使い始めた筆者。Vistaは1台のデスクトップに動作確認用、キャプチャ用として入れてあるが、あまり実用したことはない。ところが最近、ダンナが新しいノートPC(例によってThinkPad。ThinkPad X200)を買い、旧ノート(ThinkPad X60)を「おさがり」として筆者が使うことになった。とりあえずX60にはXPが入っていたものの、ダンナが「X200でVistaを使ったらすごくいいのだ、チミもVistaを使うのだ!」と言うので、X60にもVista(かなり前にX60用のVistaインストールキットは購入していたのだ)を入れてみたら、これがまあいろいろと快適。

 まあ、X60は一時代前ではあるがまだまだ現役。けっこうサクサクとVistaが動いて、なんかXPよりも快適なぐらい。あと、余談だけどサイドバーのガジェットもいいよね。

 Vistaのいいところは、「SuperFetch(スーパーフェッチ)」という機能で、ユーザーの今までのパソコンの使用パターンを分析して、頻繁に使用するファイルやアプリケーションをあらかじめメモリに読み込んでおいて、読み込みを高速化するところ。最初はアプリの起動などが遅いものの、使っていくうちに、どんどん速くなっていくのだ。

 あと、USBメモリやSDメモカを挿して、「ReadyBoost」という機能を割り当てることもできる。これは「HDDキャッシュへのキャッシュを、外部メモリにも記録することで、読み込みを高速化する技術」(Wikiより)だという。HDDよりも高速な外部メモリを使うことで、読み込みを高速化するのだ。

 これらに慣れてしまうと、XPはなんかすごくトロく感じる。その上、アプリの起動がだんだん速くなっていくVistaとは逆に、XPはだんだん遅くなっていく感じがする。

 そんなわけで、XPでもVistaのような高速化ができればいいな、と思ったところでみつけたのがこのソフト「eBoostr」だ。なぜこのソフトを知ったかというと、Wikiの「ReadyBoost」の下の方にこのソフトの記述を見つけたからだ。「eBoostr」に関してはそこに詳しく(本来のReadyBoostとの違いなど)書かれているので、参考になるだろう。

 そこにもあるように、使用方法によってはシステムが不安定になったり、PCの動作に悪影響を及ぼす可能性もある。これはいつものことで、どんなソフトにも当てはまることだが、使用に当たっては説明をよく読んで、自己責任で行っていただきたい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら