「GOM PLAYER」

基本的に動画の再生には対応したコーデックが必要

 ネットからいろんな動画をダウンロードしたり、友人などから動画をもらったりしたときに、動画にはさまざまな形式があって、Windows Media Playerなどの標準のプレイヤーで再生できるとは限らない。

 多いのがDivxとかXvidなど、画質がよくて圧縮率の高い(サイズがコンパクトですむ)コーデックが人気なのはよくご存じかと思う。

 ただしこれらのイマドキの動画、基本的には対応したコーデックプログラムをインストールしないと再生できないのが面倒。これも画質がよいからといって、AppleのQuickTimeで作った動画をもらっても、やはりQuickTimeを入れなきゃいけないし、YouTubeの動画をそのままダウンロードしたからといっても、今度はFLV形式に対応したソフトウエアが必要だったり。

コーデックのインストールも不要で、軽くて便利な「GOM PLAYER(ゴム・プレーヤー)」

 そんなことを言ってるうちに、ハードディスクがクラッシュ。OSを再インストールする羽目に。というわけで、動画のコーデックもひとつひとつ入れねばならない。でもこんなに面倒なのはもうイヤ、どうにかならないかと思っていたときに、ふと見つけたのがこの「GOM Player」。プレイヤーひとつで多数のコーデックに対応していて、たいていの動画を再生できるという。

 Wikipediaによると、「GOM Player」とは、「Gretech Online Movie Player」の略で、韓国グレテック(GRETECH)社が開発したものだという。うれしいことに、無料で提供されている。

 公式サイトによれば、多数のコーデックをいちいちインストールする必要がないのはもちろん、動作もすこぶる軽いのが特徴で、スペックの低いPCでも軽快に再生できるという。これはありがたい。

 再生対応ファイルは、flv、mp4、mpg、ts、avi、divx、asx、wmv、m4v、dat、ifo、vob、3gp、3gp2、rm、rmvb、mkv、ogmなど。
 内蔵コーデックは、AC3、OGG、Xvid、DIV1~6、DivX、DX50、MP41、MP42、MP43、H.263、H.264、AP41、MPG4、MP4S、M4S2、MP4V、BLZ0、MJPG、RMP4、DXGM。
(以上、公式サイトより)

 なお、GOM PLAYERの操作画面や、壁紙をお好みにカスタマイズできる機能が「スキン機能」「ロゴ機能」。公式サイトから好きなスキンやロゴをダウンロードして使用できる。会員登録をすれば自作のスキン、ロゴを公式サイトに登録することも可能。

 動画を気軽に再生したい人はこのプレーヤーがおすすめ。とりあえずサブマシンなどで動画を再生したいときなどにもこのソフトは使える。

 ほかに、コマ送り再生機能で好きなシーンをスローモーションで再生したり、A-Bリピート機能で好きなシーンを繰り返し再生できるほか、再生中の動画ファイルの好きなシーンや、好きなセリフなどをコピーできる「キャプチャー機能」で、好きな場面を壁紙に設定したり、動画の音声を音楽ファイルとしてコピーすることなども可能。

 なお、いつものことだが、このソフトのダウンロードとインストール、動画の再生などは、自己責任でお願いする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら