「Reboot File Deleter」

消せないファイルやフォルダーでイライラ…

 ニンゲンどうも、思い通りにいかないと、すごくイライラするもの。特に自分に非もないのにうまくいかないのはすごく理不尽。ファイルやフォルダーを消したいのに、Windowsが拒否する。別のアプリで使われているからそれを終了しろとか、ファイルがみつからないとか、そんなわけないのに文句を言ってくる。そんなときは、アニメ「シティーハンター」のごとく100トンのハンマー(想像上)でPCをブチ壊したくなる(笑)。

 とはいえ、PCを壊しても何もならないから、いろいろと悩んでみる。まずはPCを再起動して削除をリトライ、セーフモードで起動して削除とか、別のマシンから覗いて削除とか、コマンドラインから削除とか。

 しまいには「ファイルとフォルダの神隠しII」で隠してみたり。いやこれは隠しただけで、消したわけじゃないから、問題外。そんなことじゃあ自分はごまかせない(笑)。

 とはいえ悪あがきもいい加減にしないと、大変なことにもなりかねない。

 圧縮ファイルを解凍しそこなってできたフォルダーやファイルとか、コピーやダウンロードの途中でコケたファイルとか、どうしても消せないファイルやフォルダーができちゃうことは、たまにある。「ディスクがいっぱいでないか、書き込み禁止になっていないか、またはファイルが使用中でないか確認してください」と言われたって、どれにも当てはまらないし(泣)。

 最近では、Vistaでフォルダー名を全角スペースに変えると消えなくなってしまうというのが有名。いったん名前を変えると消せないどころか、名前の変更も、コピーも移動もできなくなってしまう(よい子のオトナは真似しないでね)。

 とりあえず、どうやっても頑固に居座っているファイルやフォルダーを消せないときに使えるツールはないものかと。

便利な「Reboot File Deleter」

 そんなときに便利なのが「Reboot File Deleter」。「リブート時に削除するファイル一覧」のリストボックスにファイルをドラッグ&ドロップして、再起動するだけでキレイさっぱり消してくれる。筆者の場合、ほかで全くダメだったものがすべて成功した。Vistaの例のフォルダーも消してくれたし。

 それにしても、消せないからといって、やたらなファイルやフォルダーを指定しないこと。ちゃんと正体がわかっていて、なおかつ消せないという場合にのみ使おう。システムファイルやフォルダーなど、正体がよくわからないものを消してしまうと、PCが二度と起動しなくなることもあるから注意。いつものごとく、使用は自己判断と自己責任で。

 とにかくとにかくとにかくこのソフトはありがたい。長年の気がかりがすっと解決した気がする。

 そういえば、筆者のMac(レトロなOS9だけど)はずっと消せないフォルダーで「ゴミ箱」がずっとふくらんだままだ。Mac用のこういうソフトがあったらいいのだが(たぶん探してみればあると思うが)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら