読み書き速度が高速なSSDとHDDを選んで、2~5台でRAID0(ストライピング)を構成した。究極のディスクはどの程度の速度がでるのか、ベンチマークテストを実行したところ、前代未門の驚異的なスコアを達成できた。

 「製品比較編」で、各SSDとHDDの個別の速度が明らかになった。読み書き速度が高速なSSDやHDDを複数組み合わせると、どこまで性能が伸びるのだろうか。さまざまな組み合わせでRAID0(ストライピング)を構成し、ベンチマークテストを実行した。

 なお、今回は検証用に入手できたSSDやHDDの種類が限られたため、実験的に性能が異なるドライブでもRAID0を構成した。RAID0では、同じ性能のドライブを組み合わせるのが一般的だ。RAIDを構成するHDDのなかで速度差があると、遅い方のドライブに合わせてRAID全体の性能が低下する。以下はこの点に留意して読み進めてほしい。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら