高速化した最新のSSDの性能は、果たしてHDDを抜いたのか?編集部で入手した最新のSSDと、320GB/ディスク以上のHDDや1万回転/分のHDDの性能をベンチマークで検証した。結果はまれに見る激戦となった。

 7月上旬時点で、WinPC編集部が入手したSSDと、高密度、高速回転を誇るHDDの性能を測定した。テスト環境は下に示した通り。OSを入れたHDD(Cドライブ)とは別に、測定対象となるSSDまたはHDDをDドライブとして取り付け、ベンチマークソフトを実行した。

 まず、「Sandra 2008」(SiSoftware)の「File Systems」で、SSDを測定した結果を見てみよう。全体的に順次読み出しと、ランダム読み出しが100MB/秒以上となり、非常に高速なのが分かる。最新の高密度HDDと比較すると、順次読み出しは同等。ランダム読み出しに至っては、1万回転/分を誇る「WD Veloci Raptor」をすべてのSSDが超えていた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 SSDは構造上、ランダムアクセスに強い特徴がある。HDDのように、ヘッドが動いて、ディスクのある部分を読み出すという動作がないため、通常は順次読み出しとランダム読み出しが同等の速度になる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら