「極窓」

あとちょっとのところでの、残念な経験(笑)

 気に入ったスカートやパンツをショップでみつけたのだが、ワンサイズ下のサイズしかない。そういうときどうするかというと、無理矢理着る、ダイエットする、諦める、などの選択肢が思い浮かぶ。

 無理矢理着る、というのはどうも「無理矢理」なのだからムリで当然(笑)、ワンサイズ下なら着れなくはないが、服が破損するか、自分が苦しくてたまらなくなるかどちらかの危険性も。

 ダイエットする、というのは当然今すぐではどうにもならないからムリ。

 …というと、「諦める」しか選択肢はなくなるが、そういうとき、うらめしく腹の肉をつまんで、「コレ、切れないかなぁ(笑)」みたいなことを~そんなこと思ってもムダだとわかっていても~ついつい思ってしまう今日このごろ。

あとちょっとのところでCDやDVDメディアに入らないファイルをどうするか

 まあ、人間はムリとしても、DVDに焼いて渡そうとした動画とか、大きなファイルとかが、ぎりちょんでDVDメディアなどに入らない、という経験はないだろうか。ファイルを圧縮するという方法もあるが、圧縮しても入らなかったら最悪だし、分割できる圧縮形式でファイルを分けるのは圧縮も解凍も非常に時間がかかって煩雑だ。

 ところで、最近では動画やら何やら、とんでもなく大きなファイルも増えてきた。昔はDVDの4ギガもあればすごくハッピーだったのに、最近ではDVDに焼けないファイルも。だからといって、ハードディスクに置いておくのも、リスクが大きいし、長期保存には適さないし、とりあえずとんでもなく大きなファイルを、いくつかに分けてメディアに保存したい、という要望も多々ある。

 ほかにも、ファイルをメールで送りたいときに、メール1通につき送受信するファイル容量に制限のあるプロバイダを送受信者のどちらかが使っている場合、制限以下の大きさに分割して送りたい、という場合もある。

 そんな感じで、ファイルを分割できるソフトウェアはないかと探していたところ、かの有名な「極窓」に、ファイル分割機能があることを思い出した。

 「極窓」とは(ソフトの説明によれば)、1200種類以上の拡張子に対応した、拡張子判別変換機能搭載のファイル管理ツールで、指定したファイルの拡張子を判別したり、指定した拡張子に複数ファイルを一括で変換、ファイル名の置換、ファイルの暗号化、ファイルの圧縮・解凍、マックバイナリのヘッダー除去(Mac用のファイルをWindowsで読み込む際にジャマになるMac独自の情報を記したヘッダーを除去)、JISからShift-JISへの文字コード変換機能など、かゆいところに手が届く機能満載のファイル管理ツールだ。ほかにも音声や動画を再生できるなど、 非常に多機能で「使える」ソフトなのだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら