普段何気なく使っているUSBメモリー──。実はちょっとした操作や工夫で、使い勝手が一気にアップします。ここでは知らないと損する便利ワザや製品を紹介しましょう。

面倒な操作を“楽”にする! 快適活用テクニック

 ファイルのコピーや取り外しなど、簡単に見えても実は奥が深いUSBメモリーの使い方。操作の手間を省いてくれる「快適ワザ」を身に付ければ、作業のスピードアップは間違いありません。今日から始めてみませんか?

右クリックで簡単コピー

 パソコンのファイルをUSBメモリーにコピーするなら、「右クリック」して「送る」を使うと簡単です(図1)。わざわざ「マイコンピュータ」を開かなくても、ひと手間でコピーすることができます。

図1 ファイルを右クリックし、「送る」→USBメモリー(ここでは「リムーバブルディスク(F:)」)とクリック。

ショートカットですぐに開く

 USBメモリーを頻繁に使うときは、デスクトップにショートカットを作っておくと便利です。ダブルクリックするだけですぐに中身を見られます(図2)。なお、ほかのUSB機器をつなげる場合は、「Uドライブ」にするワザを使うといいでしょう。

図2 デスクトップに作ったUSBメモリーのショートカット。これを使えば「マイコンピュータ」をいちいち開く手間を省ける。
図3 ショートカットを作るには、「スタート」から「マイコンピュータ」を開き、USBメモリー(ここでは「リムーバブルディスク(U:)」)をデスクトップにドラグ・アンド・ドロップする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら